長崎の花・木・鳥|長崎の婚活パーティーならエクシオ

長崎の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

長崎の花・木・鳥

> 長崎の花・木・鳥

日本の各都道府県にはそれぞれ「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」が定められています。 こちらでは長崎県の花、木、鳥をご紹介します。

長崎の花

長崎の花

ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ(深山霧島 Rhododendron kiusianum)は、ツツジの一種。
気候が似通った秋にも少し咲くことがありますが、概ね5月下旬から6月中旬に枝先に2,3個ずつ紫紅色や桃色、薄紅色の花をつけます。

和名に冠された霧島山・えびの高原のほか、阿蘇山、雲仙岳、鶴見岳など九州各地の高山に分布しており、命名した植物学者牧野富太郎が、新婚旅行で霧島方面を旅行して発見したと言われています。

長崎の木

長崎の木

ヒノキ

ヒノキ(檜、桧、学名:Chamaecyparis obtusa)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。人工林として多く植栽されています。

日本と台湾のみに植栽され分布しているヒノキ。日本では樹齢450年のものが最高ですが、台湾では樹齢2000年のものが生息しており、大きい物は30mを超えることが知られています。

長崎の鳥

長崎の鳥

オシドリ

オシドリ(鴛鴦:学名Aix galericulata)はカモ目・カモ科・カモ亜科に分類される鳥類の一種。「鴛」はオス、「鴦」はメスのオシドリを指しています。体長は45cmほどで、カラスとハトの中間の大きさです。

オスの成鳥は白、茶色、暗青、橙色と鮮やかな羽色を持つことで知られています。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.